LOADING

2009.05.26 Tue

「電子マネーや商品券といった料金前払い式カード(プリペイドカード)の発行業者の破綻(はたん)に備えた消費者保護制度があることを、利用者の8割が知らないことが、事業者団体の調査でわかった(asahi com)」のだそうです。私も浅学にして知りませんでした。そもそもプリペイドカードを使っていないから知らなくて当然と思っていたのですが、考えてみれば、商品券もプリペイドカードでした。最近では、電子マネーがどんどん普及してきて、IDやら、Edyやら、スイカやら、イコカやら、ピタパやらが入り乱れています。おさいふケイタイというのも使い始めると結構便利なものです。小銭でポケットがふくらまないだけでなく、少額の商品の購入履歴も残るので、いかに日々無駄に小銭を遣っているか反省させられます。最近では書店やコンビニ以外でもおさいふケイタイが利用できる店が増えてきました。高額商品はクレジットカード、少額商品はおさいふケイタイで決済するようになると、ますます実際の可処分所得範囲が分からなくなってくるのが玉に瑕です。

昨日は、たまたまチケットをもらったので、甲子園にリベンジに行きました。デザイン会社では、午後の6時とか7時は、これから第2ラウンドが始まる時間ですから、急にチケットが余ったから「行かない?」と言われても、ほいほい野球見物に出かけられるスタッフはほとんどいません。で、暇人の私の出番となったのですが、甲子園行きの阪神電車の車内は帰宅途中のサラリーマンが大半で、野球見物の人はそんなに乗っていないようでした。ま、もう試合が始まっているのですから、こんなもんでしょう。7時過ぎに球場に着いたのですが、ざっと8割くらいの入りでした。名物甲子園カレーと焼き鳥を買い込んで席に着きました。可笑しかったのは、子牛肉入りカレーを注文したのですが、レシートにカレーグレードアップと印字されていたこと。普通の甲子園カレーは肉なしカレーなんでしょうか?昨日の席は一昨日の席の10段ほど前の1塁アルプスでした。試合は6回の表に2点先行されたのですが、その裏、アニキの犠牲フライ、新井のスリーランで逆転。その後1点を返されたものの、球児が最終回の攻撃をなんとか0点に抑えて勝ちました。9回表のロッテの攻撃は、2アウト満塁、4番井口まで粘られ、あと一球コールを何度も叫んで、ハラハラドキド、なにやってんねんの勝利。2アウト2ストライク3ボールの土壇場でライトフライに討ち取ったときは、球場全体が勝利の喜びというより、安堵のため息に包まれました。昨日の試合では、ラッキーセブン恒例のジェット風船の打ち上げもなく、勝利の瞬間も拍手と万歳だけでした(写真参照)。やっと甲子園観戦連敗記録にピリオドを打つことが出来ました。この前甲子園で「六甲おろし」を歌ったのはいつのことだったやら・・・。