LOADING

2009.05.18 Mon

週明けの大阪の街は、マスクをつけた人で溢れかえっていました。特に北大阪、阪神間からの通勤電車でのマスク着用率は4割を超えていたでしょう。企業によっては、社員に通勤時のマスク着用を義務づけているところもあるようです。しかし、今回の新型豚インフルエンザ(この2・3日前から新型の後に豚と表記するマスコミが増えています)が終焉に向かうまで、どれ位の時間がかかるのでしょう?その間、厳重な警戒態勢を維持し続けることは、なまなかなことではありません。ひとまず神戸と大阪の高校生の患者が治癒した時点で、警戒レベルを下げるのでしょうか?それにしてもまだ感染経路の特定も出来ていないようです。昨日静岡へ日帰りで行ったのですが、往復の新幹線はほぼ満席でした。これだけ大勢の人が、日夜日本中を行き来しているのですから、一旦ウィルスが国内に入り込んでしまうと、感染拡大を止めるのは至難の業だと思います。まして、日本以外の国では、どれほどの水際での防疫体制がとられているのでしょう。今回の新型豚インフルエンザが、強毒性と言われている鳥インフルエンザ大流行の前の予行演習であるのなら、行政や医療関係者は貴重な経験をすることになるのですから、次回はびしっと封じ込めて欲しいものです。