LOADING

2009.04.30 Thu

昨日は内外野席とも新装なった甲子園球場に野球観戦に行きました。2回に安藤が打ち込まれ残念な結果だったのですが、新しい甲子園球場は、それなりの出来でした、私の席は1塁側内野席の36段61番という、高みの見物を余儀なくさせられる位置だったのですが、如何せん、今回の改修で出来た金持ち席の床というか天井が、こちとら貧乏人席の頭のすぐ上にあるので、ジェット風船を上向きに発射出来ないというのが腹立たしく感じられました。この席ですら、一般入場券発売初日の朝一番でやっと入手できたのですから、ほとんどの席は年間指定席になってしまっているようです。夕食は「球児のカツオたたきステーキ丼」にしました。ご飯の上にゆかりが振りかけてあり、その上に、鉄板で解凍した冷凍カツオの切り身を5~6枚載せ、水菜とタマネギのスライス、ニンニクチップス、ミニトマトが添えられていました。いかにも大雑把な代物なんですが、その丼を買うのですら20分近く並ばされました。席に着くと、先ずビールを買いました。昨年から生ビールサーバーを担いだ女の子の売り子さんが売り歩いているのですが、これまでの缶ビールを紙コップに注いだだけで600円よりは、少しは納得できる商品になりました。座席にもコップを差し込んでおけるホルダーがついていて、片手にビールを持ったまま観戦しなくて済むようになりました。今回の改修の目玉でもある内野席をぐるっと回る電光掲示ボードは、パチンコ屋の外壁によくあるような感じで、いまいちダサイと感じるのは私ひとりでしょうか?球場全体の印象は以前の甲子園のアナログなイメージを踏襲しているにもかかわらず、電光掲示ボードだけがハイテクで、しかも、表示される画像のデザインセンスがいまいちなのも、不評の一因でしょう。ああいう物は、よっぽどこじゃれたデザインでないと、おしゃれとは感じられないようです。パチンコ屋ではなくラスベガスのイルミネーションを参考にすべきでしょう。負けた腹いせで辛口のコメントになってしまいましたが、改修後の甲子園球場は、やっと顧客満足度が少し上がったかなといったところでしょう。ま、顧客満足度を最高にするのは、タイガースが勝つことんなんでしょうが・・・。