LOADING

2009.04.23 Thu

民主党が国会議員の選挙区の世襲を制限するそうです。同じ選挙区から3等親以内の親族が続けて立候補することを認めないというもので、別の選挙区からの出馬なら構わないそうです。でも、これって当たり前のことでしょう。国会議員を世襲するなんて、どう考えてもおかしいと思います。医者だって、家業を継ぐためには国家試験に通らなければならないのであって、弁護士も公認会計士も官僚だって同じです。そもそも、国政レベルの政治に関わる国会議員は、地域の代表ではなく、国民の代表であるべきで、そう言う意味では、選挙区を中選挙区に戻し、選挙区選出の代議士の数をうんと減らし、比例区選出の代議士数を増やした方がいいとも思います。当然ですが、選挙区と比例区の重複出馬は認めないこととします。政治家になるには志が必要なのはもちろん、政治についての勉強もしっかりしているべきです。親の地盤、鞄、看板を引き継ぐことで、政治や行政についての勉強などしたことがなくても国会議員になれるなんて、親が死んだらそれまでOLをしていた娘が世襲するなんて、あまりにも民度が低すぎます。いっそ国会議員に出馬する資格を得るための国会議員検定制度を導入したらどうでしょう。ちょっと暴論かも。。。