LOADING

2009.04.15 Wed

タスポ効果もあってコンビニ大手4社がそろって増収増益、ユニクロやマクドナルドも最高益を出したとか。不況下に強い企業はいずれも安さを売り物にしています。コンビニの場合は、一般商品は安売りしているわけではないのですが、お昼を安くあげたい人にお弁当やおにぎりがよく売れているのでしょう。確かに、コンビニ弁当は500円前後で、そこそこおいしく、食べ応えもあり、温めてもくれ、売れる条件はそろっています。そのコンビニが、一般商品の安売りも始めたようです。これに引き替え、デパート業界はどこも減収減益のようです。かつては流通業の花形だったのですが、ブランド品や高額商品が買い控えされている現状では苦戦を強いられるのは致し方ないところです。しかし、広告業界にとっては、デパートはよいお客様であったわけですから、なんとか閑古鳥を追い払って、活況を取り戻してもらいたいものです。復権する起死回生策はないものかと、ない知恵を絞ったのですが、福袋にバーゲンに優勝御礼セールに北海道物産展くらいしか思い浮かびません。いっそのこと、パチンコ屋のように毎月売り場全体のリニューアルを繰り返えして、店じまいセールと新装オープンセールをやり続ければ、少しは客足が伸びるのではないでしょうか?