LOADING

2009.03.25 Wed

昨日のWBCの10回表、2アウトランナー2塁3塁の場面でのイチロー選手への韓国人ピッチャーの投球について、ちょっと考えました。あれがアメリカやキューバのピッチャーなら(監督なら)、決して真っ向勝負を挑まなかったでしょう。冷静に考えれば、1塁が空いていたら満塁策がセオリーです。内野ゴロで2塁フォースアウトのパターンをこれまでどれほど見たことがあるでしょうか。イチロー選手は、今大会は決して絶好調ではなく、どちらかというと調子の波に乗れていませんでしたが、決勝戦に限れば、それまで5打数3安打(セーフティーバントがひとつあったとはいえ)だったわけですから、調子は上向きだったはずで、やはり、この勝負はギャンブルだったと言わざるを得ません。しかし、韓国ナンバー1クローザーにしてみたら、ここでイチローを抑えることは最高のパフォーマンスであり、10回裏の攻撃で味方がさよなら劇を演じてくれたら、ヒーローになれたかもしれなかったのです。プライドを重んじる韓国男子としては、ここは敬遠するわけにはいかなかったのでしょう。禍福はあざなえる縄の如し。相手を見くびって無謀な戦いを挑んだわけではない真っ向勝負が、裏目に出たことを悔やんでも仕方のないことです。韓国メディアもさほどピッチャーにきつく当たっていないところを見ると、勝負は時の運、負けて悔いなしの気分なんでしょう。それにしても、久しぶりに面白い(肩の凝る)シーソーゲームを見ました。といっても、一度も逆転はされなかったのですが。いずれにしても、イチローという選手はWBCの申し子というか、何か持っているのでしょう。アメリカで、外国人のチームメイトと混じって野球をすることと、国の代表として同胞のチームメイトに囲まれて野球をすることでは、一体感が天と地ほど違うと思います。メジャーリーガーはすぐにチームを替わったりしますし、プロなんですから、どんな環境でも自分の最高のパフォーマンスを演じることはできても、このチームメイトと死ぬまでつきあっていきたいと思えるような一体感は絶対に生まれないでしょうから。