LOADING

2009.02.23 Mon

日本映画がアカデミー賞を受賞したのは、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」の長編アニメーション賞以来とか。今回の外国語映画賞の受賞作「おくりびと」はまだ観ていないのですが、日本映画界にとっては、大変喜ばしいことです。私も映画好きでは人後に落ちないつもりだったのですが、この20年以上映画館に行ったことがありません、休日に都心に出かけていくことがおっくうなこともあるのですが、近頃はDVDを観るために2時間テレビの前に座っているのさえ苦痛になって来ました。集中力が持続しないのです。読書でも通勤電車の20分が限度です。いやはや困ったものです。