LOADING

2009.02.16 Mon

先週の金曜日に、気温が15℃になって今年一番の暖かさだと書いたのですが、土日はもっと気温が上がりました。日曜日に自転車で南港のWTCビルまで行ったのですが、自宅から2時間半かかりました。途中の新木津川大橋は、北側が3層のループ構造になっていて、最大斜度は6.8度の激坂でした。何とか水面上50mまで登り切ったのですが、 さらに3つの橋を越えてやっとWTCビルが見えてきました。

55階建ての「大阪ワールドトレードセンタービルディング」は、橋下大阪府知事が府庁を移転しようとしている話題のビルなんですが、Wikipediaで調べると、総事業費は1,193億円。高さは256.0mで、横浜ランドマークタワー(横浜市西区)、りんくうゲートタワービル(256.1m)に次ぐ日本第3位の高さらしく、府庁が移転する場合は18億5千万円をかけて耐震補強する必要があるということです。近くで仰ぎ見ると、いかにも超高層ビルでした。 それよりもおかしかったのは、ビルの足下の歩道に縁日の屋台がいっぱい出ていて、まるで神社の祭礼のようでした。しかも、革ジャンに身を包んだ厳ついバイク乗りが、それぞれ愛車にまたがって周辺を走り回っています。理由はWTCビルの脇に建つインテックス大阪で、どちらかというとケバイ車関連の展示会をやっていたからです。それにしても、超高層ビルとたこ焼きや鯛焼きの屋台の組み合わせは、いかにも大阪的でした。