LOADING

2009.02.01 Sun

オフィスの引っ越しから丸1年が経ちました。なんとか1年間やって来れたことを、仕事を発注していただいたクライアント様やスタッフに感謝したい気持ちです。しかし、この1年で、世界は大きく様変わりしてしまいました。アメリカのサブプライムローンの破綻に端を発した金融不安が世界中を覆い、今や100年に1度の世界同時不況のまっただ中です。弊社も秋頃から急激に受注量が減って来ました。広告業界自体が不況に弱い業界だと言ってしまえばそれまでなのですが、私たちの力ではどうすることも出来ません。ずっと昔、某大手広告代理店の人が、世の中が少々不景気になっても、広告代理店は、景気のよさそうなクライアントを見つけて「いま広告を出したら、もっと儲かりまっせ」と言いに行くので、いつでも仕事はあると豪語していましたが、さすがに今回の世界的な不況では、輸出産業の大手企業が軒並み大幅な減収減益なので、景気のよさそうなクライアント自体が見つかりません。消費者の財布の紐も相当にきついようなので、国内向けの商品を売っている企業も販売不振の憂き目を見ています。この世界的不況のトンネルをいつ抜け出せるのかは、神のみぞ知るなのですが、その日まで耐え続けるしかありません。失われた10年以降、大阪経済の地盤沈下が続き、慢性的不景気だったのが、やっとここ数年、大阪も景気が回復して来たと思われていたのですが・・・。ところが、昨日自転車で走っている途中に「堂島ロール」というロールケーキの店の前を通ったのですが、なんと100人近い人が寒空の下で行列していました。ここだけは消費不況どこ吹く風でした。