LOADING

Month: 2008 September

2008.09.30 Tue

9月も最終日を迎えました。昨日から急に涼しくなりました。いよいよ秋本番に突入です。つい1週間前にはまだ夏の名残があったのですが・・・。気温の冷え込みは季節柄仕方がないのでしょうが、景気の冷え込みはなんとかならないものでしょうか。今朝のTVでNYダウが777ドルも下落したと報じています。アメリカは金融不安が続いています。日々の暮らしはアメリカの景気と無縁のように思いがちですが、経済のグローバル化で無縁でいられるはずがありません。この事態は、日本経済にどのような影響を与えるのか?『村上龍、金融経済の専門家たちに聞く』というメールマガジンで経済評論家たちが回答を寄せています。「米国経済の減速が一段と鮮明化すると、わが国からの米国向け輸出はさらに減少することが考えられます。それは、輸出依存度の高い中国経済にも、マイナスの効果が及ぶことでしょう。そうなると、わが国の輸出が伸び悩み、あるいは減少傾向を辿ることが考えられます。(真壁昭夫:信州大学経済学部教授)」と言います。当然の成り行きでしょう。「米国一国が、世界経済を牽引する構図は既に終焉を迎えていると考えます。おそらく、それに変わる、世界経済の構図が少しずつ明確になるでしょう。わが国も、その変化に対応することが必要になると思います(同上)」って、そんなのんきな予測で締めくくっていいのでしょうか?もう一人の経済評論家は、「もの作りの国、というイデオロギーに幻惑されて製造業主体の産業構造を維持していくことに必要以上に精力を傾けるとすれば疑問です。(水牛健太郎:評論家)」と言います。じゃ、どうすればいいのでしょう。「インターネットによる通信手段の発達や交通手段の発達により、世界はかつてなく狭くなっているのですから、「もの作り」という枠に縛られず、様々な創意工夫により、サービスの質の高さを海外に向けて売っていくことができる時代になっているはずです(同上)」って、冗談としか思えません。輸出産業が屋台骨を支えている現在の日本で、アメリカへの依存度を下げることは困難です。製品以外に何を輸出しろというのでしょう。海外に出稼ぎに行けとでも・・・。にもかかわらず、そんなあきれた意見を結論めいて言われると、不信感が湧いてきます。もう一人の経済評論家の意見に現在の日本の状況が集約されています。「一般的には、まず金融不安により生産、投資、消費などの経済活動が抑制され、低迷することになりますから、輸出依存経済を強めてきた日本にとって、輸出が伸び悩み、あるいは減少し、輸出企業を中心に業績は悪化することになって、マイナスの影響を受けることになります。まして、これまでアメリカ経済を牽引車として拡大してきた世界経済は、アメリカ経済の伸び悩みで、ブレーキがかかることになり、そうしたなかで、中国などの新興国やアジア諸国、あるいはEU諸国もその影響を避けられず、成長率が鈍化することから、それらの地域向けの輸出で大きく伸びてきた日本にとっても、輸出、企業業績でダブルで痛手を受けることになります。それは、輸出だけではなく、設備投資にも悪影響を与え、設備投資関連企業にもマイナスとなります。そうした状況は、個人消費にも響いてきます。これまで日本経済を引っ張ってきた輸出が減少し、設備投資が伸び悩むことになれば、大企業だけでなく、そこの下請けをしている中小企業なども含めて企業業績が悪化し、それが従業員の給与や賞与などの所得の減少につながり、消費の抑制となります。そして、6~7割を占めるサービス産業もその影響で伸び悩むことになり、国民全体の家計の悪化を通じて個人消費は現状より一段と悪くなり、経済全体として冷え込む可能性が出てきます。(津田栄:経済評論家)」実に的確かつ相当深刻な分析です。しかし、この人も、次なる一手を明確に提示出来ません。曰く「今回は、こうしたアメリカ国内の住宅バブルが問題となっていますが、実はこうした投資銀行ビジネスモデルを利用した証券化商品を通じて世界もバブル経済的になっていたのかもしれません。それが限界となって世界経済がおかしくなった今、世界的に規制の強化につながれば、もはやレバレッジがかけにくくなった分、世界経済は、今後落ち着いても大きく拡大することはなく、次のバブルが起きる時までゆるやかな成長に転じることになりましょう。(同上)」こちらも随分楽観的に聞こえます。しかし、よくよく考えると、世界中の国がアメリカに依存する現在の世界経済の枠組みが変わらない以上、急激な景気回復は望めそうにありません。悲観論を唱えても誰も喜ばないのなら、楽観論の方が耳触りがいい分、精神安定効果があるでしょうとも言えます。

2008.09.29 Mon

先週末の土曜日に、舞洲まで自転車で走りました。以前に行ったときは随分遠く感じたのですが、今回は1時間足らずで着きました。舞洲の入り口の常吉大橋から、例の奇妙な建物が見えます。舞洲スラッジセンターです。さらに、その南側にもう一棟、大阪市の環境局舞洲工場の建物があります。こちらの方が先にできたようです。こう見えても、アートには理解のある方ですから、一度この目で実物を見ておきたいと思っていました。数年前、海遊館に行ったことがないとぼやく年老いた母をつれて海遊館に出かけたときに、天保山の観覧車からたまたま見つけたのが、あの奇怪な建物の煙突でした。あれは何?とその時は思っただけでした。今回間近で見た建物は、とんでもない感はバリバリですが、決して半端感はなく、結構重厚な印象でした。こういう建築は、ともすれば子供っぽくなりがちですが、さすがにガウディばりの世界的デザイナーだけあって、風格すら漂わせていました。100年たったら、世界奇想建築の一つとして、有名になるだろうと思います。なぜ周辺の施設ももっと凝ったデザインの建物を作らなかったのでしょう?たとえば隣の大阪ガス営業技術センターとか、味の素物流舞洲低温物流センターとか、ヨコレイ大阪舞洲工場とかも、同じデザインテイストの建物を作り、舞洲全体がファンタジックな建築群で埋め尽くされていたら、観光名所として舞洲の価値が上がり、それこそ、世界中から観光客が見物にやってきて、結果として企業イメージも上がるんじゃないでしょうか?しかし、こういう破天荒なアートは、今時の日本人はどうも不得手なようです。遊び心が足らないのか、根がまじめなのか、ま、葛飾北斎が建築デザイナーだったら、そこそこいいものを作ったかも知れませんが・・・。

2008.09.26 Fri

昨晩は高校時代の友人から「学会で大阪泊まりだから、飯でも食おう」のお誘いがあり、久しぶりに会いました。お目当てのインド料理店を探して梅田界隈を友人と歩き回りました。昨晩はやけに蒸し暑く、歩いているうちに汗だくになって来て、友人はシャツを脱いでアンダーシャツ1枚で歩いていました。やっと目的の店にたどり着き、エレベーターのドアが開くと、そこはすぐに店内になっていて、店中の視線が友人に集中しました。下着姿のおかしな男が紛れ込んできたとでも思われたのでしょう。友人はあわててシャツを着込みました。彼は医者なので、定年のない仕事です。しかし、第一線からの引き際は自分で決めなければならないようです。高度な医療現場で現役を続けるためには、体力と判断力と精神力の3つが充実していなければならないからです。中でも、判断力はこれまで蓄積してきた知識がベースになりますから記憶力の減退は致命的です。何かを思い出そうとして、それがすぐに思い出せなくなると、そろそろ危険信号なのです。確かに症例や治療の方法を誤ると大変です。私たちの仕事は人の命に関わっているわけではないので、そこまで深刻ではないのですが、デザインやコピーの方向性の判断を求められる場面で、瞬時に正しいと思える方向性を見いだせなくなったときが、潮時かもしれません。ただ、自分の判断基準が世の中の流れに合致しているのかの判断に迷うことが、なくはないのも事実です。

2008.09.24 Wed

昨夕は本年4度目の甲子園詣でしたが、ビミョーな結果になってしまいました。讀賣戦大盤振る舞いの後に横浜銀行にこつこつ貯金する3連戦なのですが、初戦はなんとか逃げ切ったものの、2戦目は延長12回の末のドロー。しかも、現在のタイガースの戦力の現状をまざまざと見せつけられた感のある貧打の試合でした。私としては、鳥谷選手の一発のおかげで、今季甲子園観戦4連敗は一応免れたのですが、3敗1分けというのは、連敗記録更新中になるので、気持ち的にはやはりビミョーです。ところで、試合が10時以降までかかってしまったので、12回裏のタイガース攻撃の際の応援では、太鼓やトランペットなどの鳴り物が使えなくなりました。私としては、その方がずっといいように感じました。メガホンをたたいて球場全体で選手の応援歌をがなりたてる応援スタイルは、試合をじっくり見ようとすると、結構邪魔になります。第一、バントのサインが出ているときに、「かっ飛ばせー」は変です。大声でがなり立てている人は、それはそれでストレス発散になるのでしょうが、一糸乱れぬ応援はどこかの国のマスゲームみたいで、ちょっと不気味です。

2008.09.19 Fri

昨夕は大学時代の友人と旧交を温めました。友人はISO認証取得のコンサルタントとその審査員をしている関係で、全国各地を渡り歩いているようでした。行く先々で、地元の旨いものを食べるのが楽しみという、贅沢な人生を送っています。私も食いしん坊という点では人後に落ちない方ですが、如何せん大阪を離れる機会がほとんどなく、近場のB級グルメ食べ歩きで我慢せざるを得ない状況です。梅田界隈に何千店の飲食店があるのか知りませんが、それらの店で日ごと夜ごと何万人(何十万人かも)もの人たちが世界各国の名物料理や山海の珍味に舌鼓を打っているのでしょう。しかし、一面では世界一豊かな食文化を謳歌しているようにも思えますが、産地偽装や賞味期限の改ざん、食材の使い回しやら事故米の不正転売など、食に関わる不祥事や詐欺まがいの事件が頻発しているのも事実です。さらに、こんなにも様々な旨いのものが食べられるにもかかわらず、個人的には、カロリーを気にしたり、コレステロールを気にしたり、塩分を気にしたり、プリン体を気にしたり、いろいろ気にしてメニューを選ばなければならないのも情けない話です。