LOADING

Month: 2008 June

2008.06.30 Mon

少しでも不自由になって初めて分かることがいろいろあります。荷物を手に提げて松葉杖をつくことはとても難しいとか、階段は上るより降りる方が怖いとか、なによりも人間の身体がいかに精妙なメカニズムで動いているかということに驚かされます。歩くだけでも、下半身だけでなく上半身の筋肉や骨、腱などを総動員しています。どこか1カ所でも支障があるとスムーズな動きができません。しかも、どこかを庇おうとすると、別のところに支障が出てきます。わたしの場合も、足首を庇おうとしてなのか、スネのあたりが痛くなってきました。さらに、ふくらはぎにも、こむら返りを起こしたような痙攣が時々起きます。スポーツ選手にとっては、怪我をしにくい身体づくりがコンディショニングの基本であることもよく分かりました。何しろ怪我は即選手生命に関わる最悪の事態なのですから。それにしても、金本選手のように骨折していても試合に出続け、しかも、片腕だけでヒットまで打ってしまう精神力には脱帽です。そんなアスリートとは無縁の世界で生きてきたのですが、半年ほど前から始めた自転車に乗れないので、先週末は暇をもてあましてしまいました。といっても、日曜は終日雨だったので、いずれにしても乗れなかったのですが。人間は移動できるから人間だと思います。しかも、その移動の距離は、文明の発達とともに格段に伸び、大きく広がり、世界中のどこへでも、行こうと思えば行けるようになったのです。もちろん、一部の国と地域へは渡航困難ですが・・・。移動の手段はさまざまでも、最終的には自力で移動することが基本となります。道路が人跡未踏のジャングルのように感じられると、移動する意欲がなくなります。仕事柄、相手のスタンスに立って考える訓練をしてきたつもりですが、健常者と障害者の社会的共存といった基本的な部分でも、自分自身に痛みを感じないと、相手の痛みは共有できないものだと、痛感しました。

2008.06.26 Thu

日本を代表するSF作家というだけでなく、わたしの基準では、日本が世界に誇る前衛作家、筒井康隆先生がご自身のブログを開始されたというニュースを読みました。早速「笑犬楼大通り( http://shokenro.jp/shokenro/ )」というサイトにアクセスすると、ウエブでは滅多にない縦書きのサイトです。コンテンツは、「偽文士日碌」と「読者からのコメント」のふたつ。前者が筒井先生のブログページで、クリックすると、立木義弘氏撮影の近影がレイアウトされた本の表紙なっています。「最新の日記を開く」をクリックすると、見開きの本の画像の中に縦書きの本文が明朝体の文字でレイアウトされていて、ページの端をクリックするとページが切り替わるというギミックまでついています。ブログというのは、ほぼリアルタイムで更新できるのが売りだけに、筒井先生がお書きになったテキストを自動的に縦書きの本文に組み直すようなプログラムになっているとしたら、大したプログラマーがいるものです。(画像をクリックするとジャンプします。期間限定サイトの場合、Not Foundになる場合があります。あらかじめご了承ください)

2008.06.25 Wed

階段の上り下りのとき以外は松葉杖の助けを借りなくても歩けるまでに回復したので、今朝はクルマで通勤しました。電車通勤に変えてからもう10年以上経ちます。最近は深夜まで仕事をすることがほとんどないので、電車通勤も苦にはならなくなりました。しかし、こんなにガソリンが高騰しても、クルマで通勤している人は結構多いようです。朝の新御堂はかなりの渋滞でした。地球環境のためにも、クルマ通勤はやめるべきだと思っていたのですが、ハンディキャップのある人にとっては、クルマがないとどこへも出かけられないのも事実のようです。いくら公共交通機関がバリアフリー設備を充実させていると言っても、例えば、エレベータがコンコースの端っこにしかないと、そこまで歩くのすら大変です。さらに、駅から先は目的地まで自力で移動しなければなりません。車椅子での移動の場合は、歩道の段差や階段、放置自転車などの障害物がいっぱいあります。それらを考えると、出かけることを躊躇する人が多いのではないでしょうか?わたしも、にわかハンディキャッパーになってみて、特に足の不自由な人にやさしい街づくりの必要性を痛感しました。

弊社のグループ会社・シークルーのFさんとKさんから、事務所開きのお祝いを頂戴しました。木の名前は分からないのですが、幹がくるっと巻いたようになっています。このまま成長すると、どんな樹形になるのか楽しみです。

2008.06.24 Tue

自宅安静2日目なので、退屈しのぎにDVDを観ました。1本目は松尾スズキ脚本&出演の「松尾スズキの頭ン中」というTV番組(?)をDVD化したもの。普段はひどい話ばかり書いているという松尾スズキが喫茶店で打ち合わせ中の編集者とともに拉致されて、無理矢理いい話を書けと強要され、彼なりにいい話だと思う話を書くというストーリー(かな?)。2004年にオンエアーされたらしく、あのボクサー一家がバッシングされる前だったので、亀のつく苗字の人はいい人ばかりだという設定が笑えました。こういうサブカル系の芝居を観たことがないのでよく分からないのですが、既成の道徳観や社会通念を覆すことに力点を置いてるのであろうと思いました。作家の金原ひとみとの対談でも言っていましたが、この作家は「普通じゃない世界観」の方に興味がわく質のようです。とんでもないシチュエーションを何となくつじつま合わせして最後まで引っ張っていく技量は確かにあるようです。しかし、こういうシュールな設定が売りの話は、笑いのオブラートでよっぽどうまく包まれていないと、結構キツいものがあるのも事実です。私としては、マルクス兄弟のようなスラップスティックコメディーが好きなのですが、如何せん、日本の風土では難しいようです。笑いのツボにも民族性があるのは事実です。この作品は笑えるポイントは少なかったように思います。日本人の笑いは、往々にして自虐的というか、おばかを演じることで成立する場合が多いので、仕方がないと言えばないと言えるのですが・・・。次に観たのが、絶好調の三谷幸喜脚本&監督の「THE有頂天ホテル」。こちらは結構笑いに包まれたいい話っぽいようでした。往年のグランドホテルものを下敷きにしてるのでしょうか、出てくる役者は多士済々。もちろん主役の役所広司はうまい役者でした。他に役にはまっていたと感じたのは、伊東四朗、篠原涼子、オダギリジョー、戸田恵子、原田美枝子、浅野和之といったところ。逆に、いまいちミスキャストっぽかったのは、松たか子、生瀬勝久、唐沢寿明、YOU。まずまずは、佐藤浩市、西田敏行、麻生久美子(あくまで主観です)。西田敏行は出番が少なかったので、持ち味を出し切れなかった感があります。YOUは、声量がなさ過ぎです。ジャズシンガー役はキツい。怪演していたのは伊東四朗。ま、得な役柄ではあったかも。しかし、この手の話として、登場人物がそれぞれ訳ありすぎというもどうかな?役所と原田、松と佐藤、香取と麻生の3組も訳ありというは、やり過ぎじゃないでしょうか。それでもこちらはまずまず正統派喜劇でした。しかし、三谷喜劇もいい話の要素をかなぐり捨てた方が喜劇としてもっと面白くなると思うのは私一人・・・かも?

2008.06.23 Mon

鬼の霍乱というべきか、一寸先は闇というべきか、アクシデントは、いつ、どこで起きるか分からないものです。昨夜、お風呂の準備をした後、脱衣場で足を滑らせ、右足首を捻挫してしまいました。通常の捻挫は足首の外側に捻れるのですが、内側に捻れてしまったので、かなりの重症です。今日は一日、安静にしていろと医者に言われたのですが、根っからの貧乏性なのかじっとしていられません。と言って、外出することも叶わず、ネットサーフィンで時間を潰しました。そこで見つけたちょっといいサイトをご紹介。「ちょっと見てきて( http://portal.nifty.com/mitekite/index.htm)」このサイトは、自分が過去に行ったり、居たことがあり、今でも気になっている場所の現在の状態を誰か他の人に見てきてもらうというもの。見てきた人の投稿がなかなか面白い。私も見てきて欲しい場所がありますが、そっとしておきたい気持ちも半々です。