LOADING

2008.09.24 Wed

昨夕は本年4度目の甲子園詣でしたが、ビミョーな結果になってしまいました。讀賣戦大盤振る舞いの後に横浜銀行にこつこつ貯金する3連戦なのですが、初戦はなんとか逃げ切ったものの、2戦目は延長12回の末のドロー。しかも、現在のタイガースの戦力の現状をまざまざと見せつけられた感のある貧打の試合でした。私としては、鳥谷選手の一発のおかげで、今季甲子園観戦4連敗は一応免れたのですが、3敗1分けというのは、連敗記録更新中になるので、気持ち的にはやはりビミョーです。ところで、試合が10時以降までかかってしまったので、12回裏のタイガース攻撃の際の応援では、太鼓やトランペットなどの鳴り物が使えなくなりました。私としては、その方がずっといいように感じました。メガホンをたたいて球場全体で選手の応援歌をがなりたてる応援スタイルは、試合をじっくり見ようとすると、結構邪魔になります。第一、バントのサインが出ているときに、「かっ飛ばせー」は変です。大声でがなり立てている人は、それはそれでストレス発散になるのでしょうが、一糸乱れぬ応援はどこかの国のマスゲームみたいで、ちょっと不気味です。