LOADING

2008.09.02 Tue

9月になって朝晩は少し涼しいものの、日中はまだまだ暑い日が続きます。我がタイガースもリーグ優勝を間近に控えているのですが、何となく足踏み状態が続いていて、ファンとしてやきもきする今日この頃です。そんな中、福田首相が突然辞任を表明しました。なんでまた辞任なの?素朴な疑問が湧きました。去年の9月、安部前首相がうつろな目で急に辞めると言いだして、あっけにとられてから1年も経っていないのに・・・。福田さんも国政の最高責任者なんだから、ここは辞任じゃなくて、民意を政治に反映させるために、一気に解散総選挙でしょう。自身の内閣で解散総選挙を宣言できなかったので、福田さんは首相の座を投げ出してしまったのでしょうか?別の人が首相になったからといって、いま解散すれば、自民党が選挙に勝てる保証はありません。勝ち目はほぼないでしょう。しかし、ここで話題性の高い、一般受けのよい総裁候補を複数出馬させ、総裁選を派手にやって、お祭りムードの中で麻生新総裁を誕生させ、首班指名直後の解散総選挙なら、総裁選の勢いに乗って僅差の過半数確保の目もあり、少なくとも自民党の大敗だけは回避できるんじゃないかという、起死回生逆転サヨナラ勝ちを狙った仰天シナリオだという話も耳にしました。何とも奇々怪々な永田町の陰謀です。しかし、国民はそこまで馬鹿じゃないでしょう。派手なパフォーマンスの小泉さんで、痛い目に遭っているのですから。ま、たとえ民主党が政権を獲っても、すぐに景気がよくなる、目に見えて世の中がよくなる、とは決して思えませんが、今の自公連立政権より少しは風通しのよい政府にはなるだろうという希望的観測はあります。様々な懸案事項がすぐに解決されなくとも、これまでとは違う道筋が見えてくるんじゃないだろうか、国民としては、その変化の兆しに賭けるしかないでしょう。2大政党制とは、つまるところ、そういうことだと思います。