LOADING

2008.08.18 Mon

お盆休みも終わって、今日から8月後半がスタートしました。暑さのピークもやっと過ぎ、後1ヶ月ほどで秋になるのでしょうが、まだまだ日中の陽射しはきつく、夏の名残を惜しむ気分にはなれません。今朝は、近所の整形外科に寄ってから出社しました。昨日の早朝、自転車で淀川右岸の河川敷を走っていたときに落車して、左膝、左手首、左肘、左肩、左頬に打撲傷および擦過傷を負いました。中でも、左手首が重傷で、医者の見立てでは骨は折れていないものの手首の捻挫でした。肩は打撲傷なんですが、まだ押さえるとずきずきします。6月後半に右足首を捻挫したため、今シーズンはほとんど鮎釣りに行けなかったのですが、これから始まる終盤の大鮎狙いも諦めなければならないかも知れません。人生一寸先は闇とはよく言ったものです。今回の事故も、寸前まで道路を横切る段差に気づかず、かなりのスピードでつっこんでしまいました。間の悪いことにブレーキレバーの部分を握っていなかったので、とっさにブレーキをかけることも出来ず、段差で車輪が跳ね上がったとたん、バランスを失って転倒してしまいました。しばらく道に転がっていたのですが、そのときは膝がもっとも痛く、手首の痛みはそれほどでもなかったので、何とか起き上がって、自転車にまたがり自宅を目指しました。折りたたみ式の小径車なので、タクシーに乗って帰ることも出来たのですが、何とか自力で帰り着きました。あと1年で4219.5キロ走破を目標に掲げているのですが、ロング・アンド・ワインディングロードは、前途多難です。