LOADING

2008.06.21 Sat

今年2度目の甲子園に行ったのですが、残念な結果でした。我がタイガースは、打線がまったくの鳴かず飛ばずで、虎がすっかり猫になっていました。今年はまだ球場で「六甲おろし」を歌えていません。本拠地での勝率(ここまで19勝6敗)を考えたら、とんでもない貧乏くじを引いてしまっています。前回は「赤星ラーメン」を食べたので、今回は「金本兄貴のスタミナハラミ丼」にしようと、1塁側のお店に行くと、階段の下まで続く長い行列ができていました。これでは試合が始まってしまうので諦めることにして、3塁側に戻りました。スタンドへの入り口の横に、なんとあの「金本兄貴のスタミナハラミ丼」のお店がもう1軒あるじゃないですか。しかも並んでいるのは二人だけ。早速1個買い求めました。座席に着くとまずビールを購入し、椅子の肘掛けについているカップホルダーに差し込んで、「金本兄貴のスタミナハラミ丼」を膝に載せました。これまでのイエローシートではこんな芸当はできません。弁当は常に左手に持っていなくてはいけなかったのです。なぜなら、前のシートの背もたれとのスペースが狭く、膝をまっすぐ伸ばして座ることすらできなかったのです。甲子園は行くたびに腹の立つ球場でした。ところで、この弁当の構造は、ご飯の上に明太子のペーストが塗られていて、その上に海苔が敷かれ、ハラミの焼き肉ともやしともう一つ野菜のナムル、キムチ、さらに「金本兄貴」と焼き印された厚焼き卵が載っかっているというもの。この弁当はなかなかいけました。途中から雨の予報だったのですが、試合終了の間際まで空は持ちました。帰りの阪神電車はラッシュアワー並みの混雑でしたが、誰も文句を言わず粛々と運ばれていきました。