LOADING

2008.06.05 Thu

いやはや、とんでもないアート作品を見ました。南米アルゼンチンのブエノスアイレスの落書きアーティスト(たぶん)が、町中の公共建築の壁面にペイントした絵をアニメーションにし、それをWEBで公開しているのです。アニメのテーマは輪廻転生というか、カフカの「変身」の現代的解釈というか、決してきもちいいという代物ではないのですが、弊社のスタッフの中には、かわいいと言う女性もいるので、ま、「きもかわ」路線のアートです。落書きアーティストといえば、キース・ヘリングやジャン=ミシェル・バスキアが有名ですが、このBLUというアーティストもその世界では結構有名人なのかもしれません。いずれにしても、この作品のように、街中の建物を使って大規模な壁画というかペインティングをするだけでも大変な労力なのに、それをアニメにしてしまうエネルギーには恐れ入ります。世界にはとんでもない人が結構いるものです。(画像をクリックするとジャンプします。期間限定サイトの場合、Not Foundになる場合があります。あらかじめご了承ください)