LOADING

2008.05.29 Thu

お得意先からの帰りに、カーラジオでAM放送を聴いていると、(クルマで聴くラジオはもっぱらAMです。FMはどうもいけません。DJが妙に軽いノリでくだらないおしゃべりをするのが耐えられないのです。AM放送だって、おしゃべり中心の番組ばかりじゃないかと言われそうですが、AMの場合は、パーソナリティと呼ばれる人がいて、アシスタントやゲストとの掛け合いトークが番組の根幹になっています。パーソナリティはアナウンサーであったり、タレントであったり、文化人や芸人であったりするのですが、少なくとも話芸の素養のある人が番組の進行役をやっているとは言えます。ただ、音楽は歌謡曲やJPOPが中心となるので、私の嗜好にはまったく合いませんが・・・。ところが、FMの場合は、スピーカーから流れて来る今時の音楽も耳に心地よくないし、DJと呼ばれる連中が、本来は音楽の紹介をするのが役目にもかかわらず、英語を交えたくだらないおしゃべりをしすぎるのが癇に障るのです。ま、私が歳をとったことも大いに関係があるのでしょうが・・・)話が脱線しすぎましたが、番組の中で、深夜のTVショッピングの話をしていました。深夜のTVショッピングを観たことがなかったのですが、最近は番組中に視聴者が買い物をするために電話を掛けると、その人を番組に生出演(といっても声だけですが)させたりするそうです。深夜にもかかわらず、番組自体がライブなんですね。この手法で視聴者を番組に参加させると、奇妙な連帯感、親近感が視聴者と番組の進行役の間にできるらしく、まるで新手の宗教の話のように感じました。TVショッピングしている人たちは、圧倒的に主婦が多く、どうも親身になって話をしてくれる相手を求めて、番組に電話を掛けてきているようなニュアンスでした。なんだかおかしな時代です。AMラジオでは、番組中に聴取者に電話を掛けて話をするってのはよくありますが、TVは一方的に番組やコマーシャルを流すだけのものだと思っていたのですが、深夜の時間帯では、すでにインタラクティブなコミュニケーション手法を取りこんでいたんですね。今後地デジ放送が本格化すると、一層パーソナル・コミュニケーション化するのでしょう。インターネットのインタラクティブコミュニケーションツールとしての役割をTVが肩代わりしようとしているとも言えそうです。しかし、これはあくまでローカル局の深夜だから可能なことで、同一番組を全国ネットで放送する従来のTVというメディアは、あきらかに曲がり角にきています。NHKもさっさとペイTVにして、観たい人だけお金を払って観るようにすればいいと思います。大事件や地震の時は、スクランブルを解除して誰でも観ることが出来るようにすればいい訳ですから。