LOADING

2008.05.13 Tue

このところ肌寒い日が続いています。今日は朝のうちは快晴だったのが、お昼頃から曇りだし、3時過ぎには雨が降り始めました。ところで、この前の連休の雨の日に、もう1台自転車を買ってしまいました。今度のはロードバイクではなくフォールディングタイプのミニベロ(VELOはフランス語で自転車、ホイールが20インチの小径車だからMINIVELO)です。一般にミニベロから700Cのロードバイクに乗り換える人はいても、逆はあまりないようです。普通自動車から軽自動車に乗り換えるような感じでしょうか。ロードバイクは、言ってみればスポーツカーのようなもので、私が購入したミニベロは軽のスポーツカー(ホンダの「ビート」とかダイハツの「コペン」)といったところ。なぜミニベロを買ったのか、その購買動機を自分なりに考えてみると、最近ロードバイクで走ることが、何となく年寄りの冷や水のように思われ出したのです。自転車は人力エンジンですから、乗り手の製造年式が古くなると、最新のマシンであっても当然のことながらスピードは出ません。スピードだけでなく耐久力も落ちてきます。もっとも脚力の差が顕著に表れるのが登坂能力です。ところで、サイクリングロードをロードバイクで走っていると、若い自転車乗りに後ろから追い越されます。アメリカでは「LEFT」と叫んで抜き去って行くそうですが、日本では大抵無言で追い越されます。そんなとき、ふと、ペダルを踏む脚に力を込めている自分に気づくのです。追いつけるはずもないのですが・・・。つくづく歳はとりたくないものだと嘆いても詮方ないことです。それなら、ロードバイクとは異なるジャンルの自転車に乗れば、ムキにならなくて済むんじゃないかと思ったのです。で、インターネットでいろいろ調べてみると、ロードバイク並みの走行性能を発揮できるミニベロがあることが分かりました。もっとも有名、かつ、もっとも高額なのが、ALEX MOULTONというイギリス製の自転車です。なんとお城の中で練達の職人さんが手作りで作っているとかで、お城製と呼ばれたりします。まぁ、これは別格で、他にもいろいろありました。その中で購入をきめたのは、BIKE FRIDAY POCKET ROCKETというアメリカ製のミニベロです。FRIDAYというのは、「ロビンソン航海記」に出てくる従僕の名前です。孤独な船乗り、ロビンソン・クルーソーの相棒であるフライデーを名前にした自転車ということで、孤独な自転車乗りは妙に気に入ってしまいました。ネーミングの勝利といったところです。しかし、このネーミングに心を動かされるコンシューマーは、かなり文科系の自転車乗りだと思います。でも、商品特性を考えると、文科系自転車乗りがメインターゲットとも言え、ネーミングの方向性としては間違っていなかったようです。もうひとつのネーミング、POCKET ROCKETの方は、まさに小粒だけどロケットのようにまっしぐらにかっ飛んで行くイメージを表しているのでしょう。それで思い出しましたが、以前、某スポーツメーカの広告の仕事をさせていただいていた頃、打ち合わせの席で、ゴルフボールのネーミングで「マッシグラー」というのはどうだろうという話題になりました。よくあるだじゃれ系ネーミングですが、一般ゴルファーの潜在的欲求にはうまくフィットしているんじゃないかと思いました。その後、そのゴルフボールが発売されたのか、されなかったのかは分かりませんが・・・。納車は1ヶ月半から2ヶ月後。当分は今の自転車で2000キロ走破を目指して走り続けます。