LOADING

2008.04.28 Mon

先週末に長野で行われた聖火リレーは、何とも奇っ怪なイベントでした。本来なら北京五輪のシンボルマークをあしらった旗を振って、日本人が歓迎すべきところなのに、五星紅旗が林立しているのですから。それにしても、あれだけ大量の五星紅旗の調達費用は誰が負担したんでしょう?あらためて、何のための聖火リレーだったのかを考えると、形はどうであれ、オリンピックは参加することに意義がある、聖火リレーも実施することに意義がある、今更日本だけ取りやめという訳にもいかないから、中国の面子を立てるために長野県警(とゆーか日本政府)が一肌脱いだといったところでしょう。いずれにしろ、デモや表現の自由を圧殺する国ではあんな光景はあり得ないのですから、日本は民主的な国だとは言えそうです。ところで、「フリーチベット」と叫びながらリレーの前に飛び出した男性が台湾人だと報道していたのを聞いて奇異な感じがしていたのですが、あの男性は亡命チベット人2世だったことをMSN産経ニュースで知りました。それと、中国人留学生があんなに大勢いることにも驚きました。彼ら彼女らは、日本に来て表現の自由とか言論の自由とかに触れているのですから、本来なら自国の政治体制に疑問を持ってしかるべきだと思います。しかし、ここで「中国加油」の輪に加わっておかないと、帰国したときに非国民扱いされるのでしょうか。留学生の皆さんも、パトリオティズムに熱くなる前に、母国の民主主義の現状はどうなのか、冷静に振り返るべきでしょう。