LOADING

2008.04.22 Tue

死刑廃止論者の弁護団が弁護するのであれば、こんな最悪の犯罪の裁判を選んだのにも、それなりに理由があったと思います。彼らは死刑制度自体に反対しているので、どんな凶悪犯でも死刑にするなというのがそもそもの主張です。本来なら、その主張は十分耳を貸すに値するでしょう。事実いくつかの国では死刑が廃止されているのですから。死刑廃止の世論を高めるために、この裁判を利用しようとしたら、真逆の結果になってしまいました。しかし、あの弁護団は今回の差し戻し審で、正攻法では死刑判決を回避することは難しいと端から考えていたんじゃないかと思えます。そこで、あの荒唐無稽とも思われる弁解が出てきたのでしょう。極言すれば、『こんな馬鹿馬鹿しい幼稚な発想をするガキの犯罪だったんだから、ここはなんとか勘弁してやってくれ。勘弁してやるのが大人の裁判所の度量じゃないか』というのが弁護団の苦肉の戦略だったのが、いざ言ってしまうと大外れの逆効果になってしまったというところでしょうか。事実、裁判長も判決理由の中で、『元少年側が差し戻し控訴審で「虚偽の弁解」を展開したことについて「更生の可能性を大きく減殺する事情といわなければならず、死刑回避のために酌量すべき事情を見いだす術(すべ)もなくなった」(asah.comから引用)』と結論づけました。この元少年(という言い方も妙なものだと思いますが、なぜマスコミはこの期に及んでも実名報道をしないのでしょうか?)の犯した犯罪には、十分な情状酌量の余地があるから無期懲役が妥当という判決を本気で勝ち取ろうとしていたのではなかったとすら感じます。いずれにしろ死刑廃止論議は、法廷でなく他の場所ですべきことです。結局、この裁判で本村さんの真摯な人柄だけが光っていました。忌まわしい犯罪が頻発しています。日本という国はどうなってしまうのか、少し心配です。

今日はアースデー(地球の日)だというのをgoogleサイトのタイトルで知りました。箱庭のようなイラストでgoogleの絵文字が描いてあったので、なんじゃこりゃ?と思ってクリックしてみると、「地球の日」で検索した一覧が表示されました。「地球のために行動する日。地球に住む人が、自由に、どこでも、いますぐ、アクションを起こせます。大切なのはやってみること、そして続けること。アースデイは一人ひとり、誰もがリーダーです」という精神のもと、地球環境保護のために何かアクションを起こそうという日のようです。最近は休日に自転車でそこら中を走りまわっています。特に必要があって走っているのではないので、地球にとって積極的によいことをしているとは言い難いのですが、以前のように通勤に自動車を使わなくなった分、少しは地球環境に対してローインパクトの実践になっているのかもしれません。