LOADING

2008.04.11 Fri

野茂投手が1000日ぶりに大リーグのマウンドにあがったというニュースに接して、「やるなぁ。お主」と心の中でエールを送りました。我々広告制作者もよく野球選手にたとえられます。すなわち、才能があって、好きでなければプロとして仕事を続けられないこと。いくらキャリアがあっても常にヒット(作)を打ち続けないといけないこと。たまには監督あるいは観客(クライアントあるいはお客様)に大満足してもらえるファインプレーをしなければならないこと。第一線のプロとして活躍できる期間が思いの外に短いこと。さらに、越すに越せない年齢の壁というのがあること。野茂選手は、それらのハードルをいくつもクリアして、大リーグのマウンドに戻ってきたことが、まさに偉業だと思います。私も生涯現役でいたいと願っていますが、受注産業の悲しさで、お得意様から発注していただかないと、「手にてなす何事もなし」状態になってしまいます。まだまだ「ええ仕事しまっせ」。ぜひご指名ください。

弊社グループ会社のスタッフが交通事故に遭ったと聞きました。ロケハン中の事故のようですが、もしも本番撮影のための移動中の事故だったら大事になったところです。それにしても、事故は前触れなく起こるのでやっかいです。先日、私も自転車を担いだまま階段から転げ落ちて、膝小僧を思い切り擦りむきました。