LOADING

2008.04.09 Wed

厚生労働省の発表で、20代後半~30代前半の働く既婚女性が50%へ急増したとJ-CASTニュースが伝えていました。世の中は不景気が続いているので、彼女たちの労働環境は決して良好なものばかりではないでしょうが、少子高齢化で労働力人口が減少していることも含め、スキルや資格を持っている女性が、結婚、出産とともに家庭に入ってしまうのは社会的損失だと思っていましたから、就労率が50%になったことは喜ばしいことです。弊社でも、一昨年の8月から産休に入っていたスタッフが、今月下旬から出社することになっています。彼女の場合、保育所の空きがなくて、仕事を再開出来なかったのですが、やっとこの4月から子供を預けることが出来、カムバックの運びになりました。1年半のブランクを乗り越え、ぜひ子育てと仕事を両立させてほしいと思っています。