LOADING

2008.03.24 Mon

今日までデザイン専門学校の学生が企業実習に来ていました。台湾からの留学生で、母国の大学を卒業後来日し、日本語学校で半年間日本語を習ったあと、デザイン専門学校に入学したそうです。日本語の読み書きもかなり出来るという、ある意味スーパーウーマンです。ただ、コミュニケーションの仕事であるWEBデザインの世界で、国民性というか感性が異なる外国人デザイナーが、日本という独特な社会のなかで本当に活躍できるのか、ちょっと疑問に感じたのも事実です。日本で下積みの仕事をするくらいなら、卒業したら母国に帰って、日本で勉強したスキルをその国の社会のために活用するのが、一番うなづける進路だと思いました。