LOADING

CYBER
SEAS
JAPAN

Webサイトは「情報」が命。しかし本当に大切なのは、その情報を知ろうとする人が正確に、しかもストレスなく受け取れることです。わたしたちは、広告制作や販促企画の分野で培ってきたデザイン力と、インターネット黎明期の1997年から積み上げてきたグッドコミュニケーションづくりのノウハウを生かし、「情報」がしっかり届くユーザーフレンドリーなWebサイト・スマートフォンサイトをご提案しています。

株式会社 サイバーシーズジャパン

設立:1997年1月
資本金:1,000万円

私たちの仕事

Webサイト、Webアプリケーションの企画・制作業務

  1. WEBサイトの制作
  2. UI/UXデザインシステム開発
  3. バナー広告の制作
  4. WEBアプリケーション開発

WORKS

Promotion Site & Web Advertising

プロモーションサイト & Web広告

OPEN

Corporate Site & UI/UX Design

コーポレートサイト & UI / UX デザイン

OPEN

COMPANY

名 称 株式会社サイバーシーズジャパン (CYBER SEAS JAPAN Inc.)
所在地 〒530-0044 大阪市北区東天満2-6-8 篠原東天満ビル2F
TEL. 06-6351-6741 FAX. 06-6351-6755
E-mail info@cyberseas.co.jp
設 立 1997年1月
資本金 1,000万円
業務内容 WEBサイトの制作
・キャンペーンサイト
・プロモーションサイト
・コーポレートサイト
バナー広告の制作
・FLASHバナー・GIFアニメバナー
ソフトウエアUIデザインシステム開発
タブレット型端末用アプリ&スマートフォンサイト
iPad、iPhoneアプリ開発&サイト制作
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 天満支社
グループ会社 株式会社シーズシティーグループ
株式会社グレイス + 人とモノ
株式会社シーズ広告制作会社

ACCESS

株式会社 サイバーシーズジャパン
〒530-0044
大阪市北区東天満2-6-8 篠原東天満ビル2F
TEL. 06-6351-6741 FAX. 06-6351-6755

株株式会社 サイバーシーズジャパン

大阪市営地下鉄谷町線、堺筋線「南森町駅」・JR東西線「大阪天満宮駅」JR1番出口より徒歩すぐ

HISTORY

1997.01 シーズグループのWEB制作部門として、
「株式会社サイバーシーズジャパン」設立。
1997.04 シーズグループ本社ビルにイントラネットを構築。
1997.11 シーズグループ本社ビルにWEBサーバーを設置し、
インターネット情報発信サービスを開始。
オンラインショッピングの実証サイトとして[SEAS BAZAAR]をオープン。
1998.02 ニューヨーク・マンハッタンからアメリカの広告・デザイン情報を発信する
WEBマガジン[ESSENCE OF NY]を創刊。
1998.08 [SEAS BAZAAR BETTY館]をオープン。
1999.06 ニューヨークでブレイクしているステーショナリーなどをインターネットで
通信販売する [ESSENCE OF NY e Store]をオープン。
1999.09 インターネット人口の急増に伴い、[SEAS BAZAAR BETTY館]の売上げが伸長。
女性のためのショッピングサイトとして、雑誌などで紹介されはじめる。
2000.11 [ESSENCE OF NY]をリニューアル。
プロのクリエイターのためのコンテンツを追加。
2007.01 創立10周年を迎える。
2007.12 新ロゴマークを制定。
2008.02 オフィスを北区東天満2-6-8 篠原東天満ビル2Fに移転。
2017.01 創立20周年を迎える。
2017.02 WEBサイトをリニューアル。
  現在に至る

VOICE

2017.09.19 Tue

「日本は発明家の国といえるかもしれない。日本がわれわれにもたらしたのはロボットやノートパソコンや信頼性のある車だけではない。日本は大衆文化にも多大な影響を与えている(CNN.co.jp)」ということですが、カラオケ、インスタントラーメン、任天堂の歴代ゲーム機、プレステ、ソニーウォークマン、VHFビデオ、ポケモン、LED照明、ポケット電卓、カーナビ、ノート型パソコン、3Dプリンターといった商品は、確かにその後の世界を一変させました。なかでも、インスタントラーメン、LED照明は、今や日常生活になくてはならないものになっています。計算機能とカーナビ機能、音楽・動画再生機能とゲーム機能は、スマホの必需機能となっています。いやはや、20世紀の日本発の技術が、巡り巡って21世紀の世界の暮らしを激変させているのですから、大したものです。… つづきを読む