LOADING
Webサイトは「情報」が命。しかし本当に大切なのは、その情報を知ろうとする人が正確に、しかもストレスなく受け取れることです。わたしたちは、広告制作や販促企画の分野で培ってきたデザイン力と、インターネット黎明期の1997年から積み上げてきたグッドコミュニケーションづくりのノウハウを生かし、「情報」がしっかり届くユーザーフレンドリーなWebサイト・スマートフォンサイトをご提案しています。

株式会社 サイバーシーズジャパン

設立:1997年1月
資本金:1,000万円

私たちの仕事

Webサイト、Webアプリケーションの企画・制作業務

  1. WEBサイトの制作
  2. UI/UXデザインシステム開発
  3. バナー広告の制作
  4. WEBアプリケーション開発

WORKS

Promotion Site & Web Advertising

プロモーションサイト & Web広告

OPEN

Corporate Site & UI/UX Design

コーポレートサイト & UI / UX デザイン

OPEN

COMPANY

名 称 株式会社サイバーシーズジャパン (CYBER SEAS JAPAN Inc.)
所在地 〒530-0037 大阪市北区松ケ枝町6-11 SEASビル
TEL. 06-6351-6741 FAX. 06-6351-6755
設 立 1997年1月
資本金 1,000万円
業務内容 WEBサイトの制作
・キャンペーンサイト
・プロモーションサイト
・コーポレートサイト
バナー広告の制作
・FLASHバナー・GIFアニメバナー
ソフトウエアUIデザインシステム開発
タブレット型端末用アプリ&スマートフォンサイト
iPad、iPhoneアプリ開発&サイト制作
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 天満支社
グループ会社 株式会社シーズシティーグループ
株式会社グレイス + 人とモノ
株式会社シーズ広告制作会社

ACCESS

株式会社 サイバーシーズジャパン
〒530-0037
大阪市北区松ケ枝町6-11 SEASビル
TEL. 06-6351-6741 FAX. 06-6351-6755

株株式会社 サイバーシーズジャパン

JR東西線「大阪天満宮」駅から徒歩5分、地下鉄堺筋線・谷町線「南森町」駅から徒歩7分

HISTORY

1997.01 シーズグループのWEB制作部門として、
「株式会社サイバーシーズジャパン」設立。
1997.04 シーズグループ本社ビルにイントラネットを構築。
1997.11 シーズグループ本社ビルにWEBサーバーを設置し、
インターネット情報発信サービスを開始。
オンラインショッピングの実証サイトとして[SEAS BAZAAR]をオープン。
1998.02 ニューヨーク・マンハッタンからアメリカの広告・デザイン情報を発信する
WEBマガジン[ESSENCE OF NY]を創刊。
1998.08 [SEAS BAZAAR BETTY館]をオープン。
1999.06 ニューヨークでブレイクしているステーショナリーなどをインターネットで
通信販売する [ESSENCE OF NY e Store]をオープン。
1999.09 インターネット人口の急増に伴い、[SEAS BAZAAR BETTY館]の売上げが伸長。
女性のためのショッピングサイトとして、雑誌などで紹介されはじめる。
2000.11 [ESSENCE OF NY]をリニューアル。
プロのクリエイターのためのコンテンツを追加。
2007.01 創立10周年を迎える。
2007.12 新ロゴマークを制定。
2008.02 オフィスを北区東天満2-6-8 篠原東天満ビル2Fに移転。
2017.01 創立20周年を迎える。
2017.02 WEBサイトをリニューアル。
2018.07 オフィスを北区東天満6-11 SEASビル5Fに移転。
  現在に至る

VOICE

2018.04.02 Mon

昨夜は、大学時代の友人3人と京都の夜桜見物を楽しみました。初老の親爺の4人組にしては、かなり頑張って歩きました。平安神宮から知恩院、円山公園、三年坂、清水寺、川端通、四条大橋、八坂神社、円山公園というコース。ほぼ13km、高低差123m、時間にして3時間30分、16,700歩でした。昨夜の京都も、あちらこちらでレンタル和服に身を包んだ男女(女8対男2)が目につきました、というか、滅多矢鱈といました。半分くらいは日本人観光客なのかもしれませんが、外国人観光客の割合も半端ではありません。それも、中国や韓国などのアジア系だけでなく白人、インド系、アラブ系、イスラム系、アフリカ系と多士済々。まさに国際色豊かな異空間でした。それなりにみんな似合っていて、結構かわいいのが不思議です。一般的に、和服って堅苦しいイメージしかなく、かしこまった時に着る振袖とか紋付袴の印象が強いのですが、、最近のレンタル着物は、普段着、街着としての和服ですから、カジュアルな華やかさと楽しさがあって、着ている人が可愛く見えるのでしょう。それでも、祇園近くの四条通りで見かけた芸妓さんは、着物は地味っぽかったのですが、日本髷の存在感もあって、本物感が違っていました。 … つづきを読む